病気による食事療法をする

女の人

腎臓病には、いくつか種類があります。その状況に合った食事療法をすることで、早い回復が見込まれます。その状況を放置したままだと、回復は期待できません。食事療法を積極的にしていきましょう。

食事を気をつけて病気治す

和食

腎臓病になってしまった場合には、食事を見直すことが大切になります。食事は、健康に大きく関わります。食事を見直すことで、腎臓病の改善へと繋がるでしょう。しかし、食事を見直すといっても、どうすればいいか分からない方は多いのが現状です。腎臓病では、どのような制限が必要なのか知っておくことが大事です。まず、たんぱく質や塩分は、摂取し過ぎないようにしましょう。摂取しすぎると腎臓病で弱っている腎臓に大きな負担をかけてしまいます。腎臓への負担の軽減は、食事療法によって改善されます。食事療法をすることで病気の進行も抑えることができ、老廃物の蓄積もなくなります。たんぱく質・塩分・カロリーの過剰摂取を気にしましょう。たんぱく質は、過剰な摂取を避けたいですが、三大栄養素で体には必要です。ですから、最小限の摂取が不可欠になります。食材によって、たんぱく質を多く含むものがあるので、気をつけましょう。さらに、塩分は、腎臓に負担をかけやすいです。しょうが、にんにく、しそなどの香味野菜を使えば、塩分を抑えながら無理なく美味しい食事ができます。最近では、塩分控えめなどのスープやつゆなどの調味料があるので、積極的に使用しましょう。カロリーも摂取しなさ過ぎてしまうと、栄養素の活用を妨げてしまいます。脂質の多いものや糖質の多いものは避けてカロリーの制限を行いましょう。腎臓病には、病気の重さによって、ステージがあるので、それに見合った食事療法をすると良いでしょう。

バランスの良い食事療法

食事

食事療法では、ただ制限をするだけではありません。しっかりとエネルギーも摂る必要があります。腎臓病は進行具合、症状などで食事療法は変わります。ですから、医師と相談して適切な治療をしましょう。