バランスの良い食事療法

食事

腎臓病のような病気になってしまうと、食事療法で治すことが一番の治療です。食事を改善することで早期の回復が期待できます。一般的な平均でも、たんぱく質や塩分は1日に摂るべき量を超えてしまっています。ですから、腎臓病になっている人だけではなく誰もが気をつけるべきです。もしもの為に食事療法を知っておきましょう。腎臓病の食事療法では、医師から病気の進行具合や腎臓の働きなどで指示される内容が変わってきます。まず、たんぱく質の摂り過ぎは、腎臓からしか排出されない尿素窒素やクレアチニンなどが多くなってしまい、それが蓄積してしまうと腎臓に負担がかかってしまいます。また、塩分も同様に腎臓の機能を落としてしまいます。高血圧の方は、特に気をつけなければなりません。腎機能が低下してしまい血液中にカリウムが多くなってしまった場合には、カリウムの制限がされます。カリウムは、海藻類に多く含まれているので、たくさん摂取することは控えましょう。食事療法による制限が多くなってしまってもエネルギーは必須となります。エネルギーがないと、たんぱく質などの活動が落ちてしまい上手く働くことができません。エネルギーが少ないと尿素窒素が増え、たんぱく質も増えてしまいます。そうなると、たんぱく質を制限している意味がなくなります。食事療法には、様々な制限が存在します。自分で行うのではなく、医師との相談、病気の状況を把握しておけば、早い回復が出来るでしょう。