病気による食事療法をする

女の人

腎臓病には、いくつかの種類があります。腎臓病のステージや状態に合った治療と食事療法を知っておきましょう。急性腎不全は、カロリー塩分に過剰摂取の食生活の問題やの生活習慣など何らかの原因によって腎臓の機能が下がってしまいます。そして、老廃物が排出できなくなり悪化していきます。急性腎不全は、原因をしっかりと知って尿路閉塞の解除などの治療により腎機能の早い回復が見込まれます。それをせずに、自然回復で治そうとしても、自然回復は難しいです。悪化してしまえば、慢性腎不全になる可能性も高まるので原因の早期発見・早期治療が重要になります。原因を治療すれば早い回復ができます。尿細管壊死からなる急性腎不全の場合でも、同様に早期治療で回復が期待できます。腎機能を高めるためには、食事療法が非常に大切です。腎臓病では、発症期、乏尿期、利尿期、回復期という流れがあります。その時期で食事制限は変わります。その内容は、医師と相談をしてどんな食事療法がいいか決めましょう。腎臓病では、基本的にたんぱく質と塩分の制限が必要なので、バランスのいい食事にしましょう。他には、薬物療法もあります。尿の量の減少による体液量の減少が起きた場合に、利尿薬を投与します。この方法をする時には、脱水状態になることがあるので、十分に水分を補っておきましょう。腎臓病の食事療法は、いくつかの状況により変わるので、しっかり医師とどうするか話し合って病気の回復をしましょう。